目元美人になりたいならルミガン

触ると痛い副作用?大切な目とルミガンの使用方法

ルミガンは、世界で初めて医薬品として認可されたまつ毛専用育毛剤を販売している会社が作っている薬で、成分のそれと同じ商品です。違いはルミガンにはアイブラシが付属していないということです。
ルミガンの主要成分は、大切な目の緑内障治療の点眼薬に使用される有効成分が配合されており、アイブラシが付属していないために比較的安く手に入れることが可能なのです。基本的にミルガンは医薬品のtめ医師の処方が必要です。自分で購入する場合は個人輸入代行のサイトなどで購入することになります。
ルミガンは元々緑内障の治療薬目薬として発売されましたが、有効成分がまつげの長さ、濃さ、密度などに成長や効果が認められたため、まつ毛の育毛剤として販売されるようになりました。
ルミガンの有効成分の作用は、毛周期の中でも成長期を延長してまつ毛が長くなる、毛包を刺激しまつ毛が太くなる、メラニン生成を活性化してまつ毛の色が濃くなるなどです。
使用方法は、1日1回寝る前にルミガンを1滴まつ毛の際につけます。細めのアイブラシに1滴落としてアイライナーをひくように塗る方法でも問題ありません。コンタクトレンズを着用している場合は、一端外して、塗ってから15分程度たってからコンタクトを戻します。
ルミガンの副作用として、まつ毛を触ると痛いということはありませんが、目の中に入ったときに目に軽度の痛みがある可能性があります。他にも目の充血、かゆみ、眼球色の変化、皮膚にシミが残るなどが出る可能性があるため、触ると痛いということは考えにくいですが、目は大切なので、万が一触ると痛い、またはこれらの症状がある場合は、目は大切な箇所でもあるため病院で診察をうけます。ただし、ミルガンは元々は目薬に使用されるもので、医薬品でもあるため成分的には安心して使用できます。